菊田一夫演劇賞

第20回(1994年度)

演劇賞

林 与一 「唐人お吉」の鶴松、「おしの」の青木千之助の役の演技に対して
大路三千緒 「菊がさね」のお兼、「藏」の田乃内むらの役の演技に対して
謝 珠栄 「Yesterday is…here」及び「LAST DANCE」の振付の成果に対して
荒井洸子 「マイ・フェア・レディ」のピアス夫人、「屋根の上のヴァイオリン弾き」のフルセマーラの役の演技に対して

特別賞

劇団四季 「キャッツ」をはじめとするミュージカルの公演の成果に対して

第19回(1993年度)

演劇賞

山本陽子 「おはん」の演技に対して
中田喜子 「御いのち」のお袖の役の演技に対して
小鹿番 「ゆずり葉」の吉兵衛の役の演技に対して
寺本建雄 「サラリーマンの金メダル」「男のロマン女のフマン」の作曲の成果に対して
小幡欣治 「熊楠の家」の戯曲の成果に対して
「ミス・サイゴン」上演関係者一同

第18回(1992年度)

演劇大賞

市村正親 「ミス・サイゴン」のエンジニアの役の演技に対して

演劇賞

山岡久乃 「流水橋」の新藤かねの役の演技に対して
山本學 「雁金屋草紙」の市之丞、「晩菊」の板谷の役の演技に対して
剣幸 「蜘蛛の巣」のクラリサの役の演技に対して
杜けあき 「ヴァレンチノ」及び「忠臣蔵」の大石内蔵助の役の演技に対して

特別賞

今井直次 永年の舞台照明における功績に対して
阿部米子 永年の衣裳の製作、ならびに公演における功績として

第17回(1991年度)

演劇大賞

藤間紫 「濹東綺譚」のお玉の役の演技に対して

演劇賞

三田和代 「がめつい奴」の小山田初枝の演技に対して
冨田恵子 「女三の宮」の小侍従、「芝櫻」のおせいの役の演技に対して
小池修一郎 「華麗なるギャツビー」の脚本、演出の成果に対して
今井清隆 「レ・ミゼラブル」のジャベールの役の演技に対して

特別賞

丸山弘 永年の小道具製作、ならびに公演における功績に対して

第16回(1990年度)

演劇大賞

三木のり平 「放浪記」「雪之丞変化」の演出の成果に対して

演劇賞

新珠三千代 「細雪」の幸子、「真夜中の招待状」のエドワード夫人の役の演技に対して
波乃久里子 「大つごもり」のみね、「遊女夕霧」の夕霧の役の演技に対して
伊東四朗 「雪之丞変化」の闇太郎の役の演技に対して
三上直也 「栄花物語」の佐野善左衛門、「松のや露八」の三条実美の演技に対して

特別賞

「放浪記」初演以来の出演者(森光子、小鹿番、青木玲子、児玉利和、佐藤富造、高橋郁子(順不同)初演以来、116 回にわたる貢献に対して

第15回(1989年度)

演劇大賞

浜 木綿子 「人生は、ガタゴト列車に乗って…」の井上マスの役の演技に対して

演劇賞

大地真央 「マイ・フェア・レディ」のイライザの役の演技に対して
大空眞弓 「人生は、ガタゴト列車に乗って…」の秋代の役の演技に対して
西郷輝彦 「蘆火野」の河井準之助の役の演技に対して
矢吹寿子 「華岡青洲の妻」の於勝の役の演技に対して

特別賞

渡辺正男 永年の東宝演劇ならびに宝塚歌劇の舞台装置における功績に対して

第14回(1988年度)

演劇大賞

小幡欣治 「恍惚の人」「夢の宴」の脚本の成果に対して

演劇賞

乙羽信子 「流れる」の内藤梨花、「古都憂愁」の大橋月子の役の演技に対して
田村高廣 「新版 香華」の桑田八郎の役の演技に対して
小柳ルミ子 「セイムタイム・ネクストイヤー」のドリスの役の演技に対して
内山恵司 「流れる」の宮脇進吉、「淀どの日記」の蒲生氏郷の役の演技に対して

特別賞

「レ・ミゼラブル」上演関係者一同

第13回(1987年度)

演劇大賞

京マチ子 「黄昏」のエセル・マイヤーの役の演技に対して

演劇賞

赤木春恵 「お嫁に行きたい!!」の沢井トキ、「三婆」の武市松子の役の演技に対して
松山政路 「さぶ」及び「女坂」の岩本留次の役の演技に対して
桜田淳子 「女坂」の由美の役の演技に対して
青木玲子 「放浪記」の村野やす子の演技に対して

第12回(1986年度)

演劇大賞

平岩弓枝 「三味線お千代」「真夜中の招待状」の脚本の成果に対して

演劇賞

井上孝雄 「遥かなり山河−白虎隊異聞-」の西郷頼母の役の演技に対して
吉田日出子 「ドタ靴はいた青空ブギー」の滝口絵梨子・ビューティー・スカイの演技に対して
藤木 孝 「ロッキー・ホラー・ショー」のフランケン・ファーター、「ブラック・コメディ」のハロルド・ゴリンジの演技に対して
巌 弘志 「三味線お千代」の石原勇太の役の演技に対して

特別賞

竹内京子 長年の舞台の功績に対して

第11回(1985年度)

演劇賞

八千草薫 「女系家族」「エドの舞踏会」の演技に対して
堀越 真 「エドの舞踏会」の脚本に対して
山田芳夫 「女系家族」「お葬式」の演技に対して
一條久枝 「婦系図」の演技に対して

特別賞

一の宮あつ子 長年の舞台の功績に対して
サミー・ベイス及び「屋根の上のヴァイオリン弾き」初演以来の出演者
(森繁久彌・賀原夏子・三上直也・淀かおる・坂上道之助・今村堅洸・須賀不二男・宮 琢磨・高橋郁子・益田喜頓(順不同)
(初演以来二十年にわたる貢献に対して)