第三回 新・午前十時の映画祭 −デジタルで蘇る永遠の名作−

「第三回 新・午前十時の映画祭 −デジタルで蘇る永遠の名作−」開催にあたって

 特に素晴らしい傑作娯楽映画を選び、1年間にわたり連続上映する「新・午前十時の映画祭」。今回は、作品により上映期間が異なります。1作品2週間上映を基本としながら、ゴールデンウィーク、夏休み、冬休みに1作品1週間上映の期間を設定。より多くの作品をご鑑賞いただけるようにいたしました。本映画祭としては今回初めて上映する外国映画15本、日本映画5本に、これまで上映した中で特に人気の高かった外国映画10本を加え合計30本をラインナップ。もちろんすべて高品質のデジタルシステム(DCP)で上映します。実施劇場も全国54劇場に拡大。さらにご覧いただきやすくなりました。 何度見てもすごい傑作映画を、《映画館》という最高の環境で、こころゆくまでお楽しみください。

一般社団法人 映画演劇文化協会

実施概要
上映劇場リスト
本映画祭へのメッセージ


一覧に戻る